ページタイトル

インドネシアNews

​毎週更新・インドネシアの再生可能エネルギーのニュースを更新

Tarif Listrik Naik, Permintaan PLTS Atap Kian Marak
電気料金が上昇し、屋根太陽光の要求も上昇中 

政府は、電力3,500ボルトアンペア(VA)超過の200万世帯の顧客に対して電気料金の値上げを実施する予定。その数の中には、R2およびR3という顧客層(裕福な家庭)も含まれ、2022年7月1日から関税が上がることになる。また、同日、政府は政府系顧客(P1、P2、P3)の電気料金も値上げする予定である。
今回の料金改定は、上記の顧客層には確かに負担となる。しかし、ポジティブな面では、3,500VA以上の電力の顧客グループに対する今回の電気料金の引き上げは、屋根太陽光(PLTS)の利用を促進することになるだろうと、エネルギー鉱物資源省の再生可能エネルギー・省エネルギーのダダン・クスディアナ局長は述べている。
地域別では、屋根太陽光の顧客は依然としてジャワ島・バリ島地域に集中している。設置の容量で見ると、最大の顧客は産業部門であり(17.7メガワット(MW))、つまり屋根太陽光の容量の30%に相当する。現在、産業部門からの顧客は53件にとどまっている。
政府は2025年までに、家庭用と産業用の顧客グループに依存することで、屋根太陽光の設置の容量を3,610MWと見込んでいる。
家庭部門の設置容量は152万4,213キロワットピーク(kwp)、産業部門は130万3,103kwpを目標としている。残りは、社会・商業・政府部門から埋められる。
しかし、インドネシア太陽エネルギー協会(AESI)のファビー・トゥミワ会長は、屋上太陽光発電の普及を阻む多くの障害がまだ残っていると評価している。例えば、設置容量が総設備容量の10%〜15%に制限されていること。「家庭用の場合、2-3カ月前から輸出入用のメーターを入手するのが難しくなっている」。
また、ライセンス取得のプロセスも現時点ではまだ問題になっている。ファビーによると、PLNは屋根太陽光の設置に際して、まずFS調査を要求しているが、実は、このステップは不要とされている。
また、100%電力輸入輸出規定の実施を促すために、屋根太陽光に関するエネルギー鉱物資源大臣規則2021年第26号が直ちに実施されることを望んでいる。

2022_05_15-00_13_06_2bf1995d511ae13b6cf729774cfc84d8_620x413_shared1.png

​参考:ANTARA FOTO/ARIF FIRMANSYAH/AWW. Pekerja melakukan perawatan PLTS atap di rumah warga di Bogor, Jawa Barat, Sabtu (14/5/2022).

2022_06_07-14_40_11_2e541c61f7389af235c156265f87e856_620x413_thumb.png

ANTARA FOTO/DHEMAS REVIYANTO/TOM. Menteri BUMN Erick Thohir dalam rapat dengar pendapat dengan DPR.

Menteri BUMN: Kebutuhan Domestik Tinggi, EBT Tak Diekspor
国営企業によると、国内需要が高いため、再生可能エネルギーが輸出されない

国有企業大臣のErick Thohirによると、国内のニーズを優先し、新再生可能エネルギーを海外に輸出しない予定である。特に、2025年までに23%のクリーンエネルギーという目標を追求しなければならないため、クリーンエネルギーの国内需要は非常に大きいである。 現在、国内のクリーンエネルギーによるエネルギーミックスはわずか11.7%である。
外国企業が参入する再生可能エネルギープロジェクト・建設することを歓迎しているが、その成果は輸出させることではない。PLN、プルタミナ等、いくつかの国有企業は、外国企業と再生可能エネルギーに関する協力契約を締結しています。
また、この度、PT Perusahaan Listrik Negara (PLN), PT Pertamina (プルタミナ), PT Pupuk Indonesia Tbkの3つの国有企業の協力関係を示す協定が結ばれ、グリーン水素とグリーンアンモニアの開発においての新たな再生可能エネルギーの提供を通じて、グリーン産業クラスターの実現に協力する。