WhatsApp Image 2021-01-18 at 14.53.01.jpeg

現在、バイオマス燃料で多く使われているPKS。

弊社では、日本規格に準じた以下の品質で提供を行う。

含水率:20%以下

不純物:1%以下

発熱量:4000kcal/kg以上

​出荷量:10,000トン/月~

WhatsApp Image 2021-01-14 at 10.10.36.jpeg

パーム残差の一つである、EFBは現在日本のバイオマス発電所では認証材となっていない

そのため、インドネシアではパーム農園の肥料や牛の敷き藁変わりとして活用されている。

しかし、多くのEFBはほとんどが、農園に捨てられているのが実情であり、弊社ではこのEFBの燃料化技術を研究している。

​◇インドネシアのPKSの輸出関税に関して(levy+Tax)
2022年1月 輸出関税=USD 33/ MT ( $3 + $ 30 )
2022年2月 輸出関税=USD 16/ MT ( $3 + $ 13 )
2022年3月 輸出関税=USD 16/ MT ( $3 + $ 13 )
2

 

PKS輸出関税推移

3月PKS関税推移.jpg